ここでは糖尿病改善や動脈硬化の予防に
効果的なアディポネクチンを増やす方法、
食品や食事を紹介します。

昆布

アディポネクチンの効能

アディポネクチンは
日本で発見された健康ホルモンで、
以下のような働きがあります。

糖を利用→糖尿病改善、
脂肪を燃焼→高脂血症予防改善、
血管を拡張→高血圧予防、
血管を修復→動脈硬化予防改善、
腫瘍の増殖抑制→がん予防

アディポネクチンが増える体型

アディポネクチンは脂肪細胞からできるので、
痩せて脂肪が少ない人が不足すると思われがちですが、
太っていて脂肪が多い人もアディポネクチンは少いです。

痩せすぎず、太りすぎず、適度に脂肪のある人が
体内でアディポネクチンを増やすことができるので、
運動したり食事に気をつけて平均的な体型にすることが
アディポネクチンを増やすポイントになります。

 

そして、アディポネクチンの少ない方は、
アディポネクチンの多い方と比べて乳がんなどの
発生率が2~3倍高いという結果も得られています。

また、100歳以上の人は若い女性より
アディポネクチンの量が約2倍多く、
アディポネクチンが多いと病気になりにくく
長生きできるようです。

アディポネクチンを増やす食事

そして、アディポネクチンを増やすには
多種類の成分を工夫して摂ることが大切で、
ここでは効果的な食品と食べ方を紹介していきます。

マグネシウムと食物繊維は
アディポネクチンの分泌を増やしますが、
この両方の成分を多く含んでいる食品は海藻類です。

 

海藻類は昆布、わかめ、ひじき、もずくなどですが、
中でもひじきがマグネシウムと食物繊維を多く含み、
最もお勧めの食品です。

お勧めレシピはひじきのニンジン・玉ねぎのおろし酢で、
以下に材料と作り方を紹介します。

 

<食材(4人分)>

ひじき 30g、だし 1/2カップ、
みりん 小さじ1杯、しょう油 小さじ1杯

おろし酢: ニンジン 80g、玉ねぎ 80g、
りんご酢 30cc、酢 10cc、塩 少々、
うす口しょう油 小さじ1杯、サラダ油 20cc

 

<作り方>

1.水で戻したひじきを軽く茹でる。
2.みりんとしょう油をだしに混ぜ、ひじきを入れてひと煮立ちさせる。
3.おろし酢を作るために、ニンジンと玉ねぎをおろす。
4.3にりんご酢、酢、うす口しょう油、塩、サラダ油を混ぜ合わせる。
5.ひじきの汁気をふきんで絞り、器に盛り、おろし酢をのせる。

 

また、魚類に含まれるEPAは、抗炎症作用により、
アディポネクチンの分泌を増やす働きをしてくれます。

そして、魚類の中でもEPAを多く含むサバがお勧めで、
お勧めレシピはサバのすき焼きです。

 

材料と作り方は、以下の通りです。

 

<材料(4人分)>

サバ 280g、焼き豆腐 1丁、新ゴボウ 100g、
新玉ねぎ 300g(大)、ほうれん草 70g、しょうが 20g

だし:水 1/2カップ、酒 1/2カップ、
みりん 1/4カップ、しょう油 1/4カップ

 

<作り方>

1.サバは湯通しして、冷水にとる。
2.フライパンに混ぜ合わせただしを入れる。
3.サバ、焼き豆腐、玉ねぎ、しょうがを入れ、中火で約10分間煮る。
4.ささがきにしたゴボウを入れ、さらに約3分間煮る。
5.一度冷まして再加熱し、盛り付けに茹でたほうれん草を添える。

 

豆腐の大豆タンパクによりアディポネクチンの産生量、
血中濃度が高まります。

さらに、キウイ、りんご、トマトなどに多く含まれる
オスモチンもアディポネクチンと同じような働きをするため、
これらの食材を摂ることも効果を高める秘訣です。