アピオスの効能・栄養・健康効果を引き出す
食べ方・料理方法を紹介します。

アピオス

 

新顔野菜のアピオスは、
北米原産のマメ科の植物です。

アメリカ先住民が戦いの前の強精食にしていたり、
東北地方ではホドイモと呼ばれ、
古くからお産の前後に食べられていました。

 

アピオスはジャガイモと比べて鉄分は約5倍、
たんぱく質は約4倍、カルシウムは約50倍も含まれています。

アピオスはまさに食べれば元気が出る滋養の塊なので、
食べ方が分からないといってアピオスを使わないのは
もったいないです。

 

アピオスは活性酸素を除去する力が高く、
血圧の上昇を抑制する効果も確認されており、
ガンや動脈硬化の予防が期待できると言われています。

アピオスは、茹でたり、素揚げ、炊き込みご飯、味噌汁など、
普段の食事に簡単に取り入れることができます。

 

炊き込みご飯や味噌汁に使う時は、
硬い端を少し切り落として使いましょう。
アピオスの炊き込みご飯の作り方は以下の通りです。

 

<材料(4人分)>

アピオス 100g(約14個)、米 4合、セリ 少々、
昆布だし 4合、塩小さじ 1と1/2、酒大さじ 1

 

<作り方>

1.アピオスは水洗いし、皮ごと2~3等分に切る。

2.炊飯釜に研いだ米、昆布だし、塩、酒
を入れて軽く混ぜ、アピオスを加える。

3.炊飯器のスイッチを入れる。

4.炊き上がったら仕上げにセリをのせる。
インターネットで検索すると色々なレシピが出てくるので、
アピオスの料理をぜひ食べてみて下さい。