糖尿病の予防効果を高めるジャガイモ
を使った簡単レシピを紹介します。

じゃがいもの簡単レシピ

ジャガイモの健康効果

ジャガイモに含まれる苦味成分、
クロロゲン酸を多く摂りすぎると
糖が体に吸収されにくくなるため、
糖尿病の危険率が通常の半分以下
になることが分かっています。

 

そして、クロロゲン酸は
ジャガイモの皮に多く含まれているので、
ジャガイモの糖尿病予防効果を高めるには
皮ごと(皮は刻んで)食べることがポイントです。

クロロゲン酸は水溶性のため
茹でてしまうと水に溶けてしまうので、
ジャガイモは水に浸けて茹でる以外の方法で
調理するようにしましょう。

ジャガイモの簡単レシピ

お勧めレシピはポテトサラダで、
少々の油とチーズと組み合わせると
効果がアップします。

油がジャガイモの成分をコーティングし、
チーズに含まれるカルシウムがインスリン
の働きを高めてくれるためです。

 

ジャガイモのお勧めレシピの2つ目は、
ジャガイモハンバーグです。

ハンバーグに使うひき肉を2割減らし、
ひき肉の代わりに電子レンジで加熱した
ジャガイモを潰して入れます。

 

ジャガイモがつなぎの役割もしてくれるので、
卵なども使う必要はありません。

肉の量が減るのでカロリーも通常より低くなり、
ダイエットにも効果的なレシピです。

 

また、ジャガイモには肌の新陳代謝を高め、
肌荒れを防ぐ効果があり、美肌効果が得られます。

ジャガイモの酵母と
ジャガイモに多く含まれるビタミンCが、
メラニン色素の吸着を防ぐなど、
肌をきれいにする効果をもたらします。

酵母がもっとも好む餌は砂糖なので、
ジャガイモに砂糖をほんの少し加えて摂ると
美肌効果が高まります。

 

お勧めの食べ方はジャガイモの砂糖蒸しで、
朝食に取ると一番効果が得られます。

肌は朝起きてから時間が経つとくたびれていきますが、
ジャガイモの酵母がそれを長引かせてくれるからです。

 

ただ、野菜ばかり食べたり、野菜の食べすぎると、
肌の細胞の新陳代謝に必要な亜鉛の吸収が妨げられ
肌の老化を引き起こす可能性があります。