フィトケミカルの効果と野菜・フルーツの種類、
7色の分類を解説します。

果物

フィトケミカルを摂取すると肌や体が若返りますが、
フィトケミカルは薬やサプリメントではありません。

 

フィトケミカルとは植物が作り出す化学物質で、
植物が自分達の身体を守るために作り出す
自己防衛成分です。

フィトケミカルのフィトは植物、
ケミカルは化学物質を意味しています。

 

フィトケミカルには、カテキン、ポリフェノール、
イソフラボン、リコピン、クルクミン、カプサイシン、
アントシアニン、β-カロチン、ルテインなどがあります。

植物が身を守るために作り出すフィトケミカルを
摂ることで、人間が体内の活性酸素を撃退したり
身体の免疫力を高め病気の予防などに役立つのです。

 

フィトケミカルを毎日摂取している人としていない人とでは、
10年後に健康面で差がでるというデータもあります。

このことから、フィトケミカルはビタミン、ミネラル、
食物繊維、糖質、脂質、たんぱく質に加えて
人間に必要な第7の栄養素と呼ばれています。

 

しかも、フィトケミカルは普段私達が食べている野菜や果物など、
ほどんどの食材の中に含まれており特別なものではありません。

ただ、フィトケミカルは7種類に分けられるので
それらをバランスよく摂取する必要があります。

 

フィトケミカルの多くは色素成分なので、
フィトケミカル野菜や果物の見た目の色で分類されます。

フィトケミカルを含むの食材は、
黄、緑、赤、オレンジ、紫、白、黒の7色に分類され、
それぞれの色には以下のような食材があります。

 

<黄のフィトケミカル>

バナナ、レモン、パイナップル、グレープフルーツ、メロン、
ウコン、アーモンド、トウモロコシ、玄米、胚芽パンなど。

アボガドは見た目は緑ですが、
中身が黄色なので黄色に分類されます。

 

<緑のフィトケミカル>

緑茶、パセリ、しそ、ほうれん草、ブロッコリー、インゲン、
小松菜、青ネギ、オクラ、ニラ、レタス、モロヘイヤ、アスパラガス、
キウイ、キュウリ、枝豆、春菊など。

 

<赤のフィトケミカルに>

トマト、赤ピーマン、イチゴ、唐辛子、梅干しなど。

 

<オレンジのフィトケミカル>

オレンジ、パパイヤ、かぼちゃ、みかん、柿、あんず、にんじんなど。

 

<紫のフィトケミカル>

レッドキャベツ、ブドウ、ブルーベリー、ナス、サツマイモなど。

 

<白のフィトケミカル>

玉ねぎ、竹の子、もやし、長ネギ、キノコ、ワサビ、ショウガ、
大根、山芋、里芋、じゃが芋、ニンニク、カリフラワー、ゴマ、
キャベツ、大豆、白菜、りんご、れん根など。

きのこ類は全て白のフィトケミカルに分類されます。

また、りんごは有効成分が果肉部分に含まれるので
白のフィトケミカルに分類されます。

 

<黒のフィトケミカル>

こんにゃく、ゴボウ、しらたき、そば、黒豆、コーヒー、
小豆、紅茶、ヒジキ、黒こしょう、ワカメなど。

 

これら7色の食材を1日の食事の中に
バランスよく少しずつでも摂取すればよいのでが、
7色のフィトケミカルを摂取するのはなかなか難しいのです。

例えば、1日に以下の3食を取ったとします。

 

<朝食>

白米、味噌汁(長ネギ、エノキ茸)、納豆、漬物(きゅうり)、
玉子焼き(小松菜入り)、切干大根(にんじん入り)

納豆、大根、長ネギ、エノキ茸は白、
小松菜ときゅうりは緑、にんじんはオレンジ。

 

<昼食>

ラーメン(小松菜、長ネギ、ニンニク入り)、りんご

小松菜は緑、長ネギ、りんご、ニンニクは白。

 

<夕食>

鳥鍋(白菜、長ネギ、にんじん入り)

白菜と長ネギは白、にんじんはオレンジ。

 

いろいろな食材を摂っているように見えても、
ちゃんと分類してみるとこの日は白、緑、オレンジの
3色のフィトケミカルしかとっていないことにないります。

このように、自分は7色を摂っていると思っている方でも
意外に3、4色しか取れていないことが多いので、
自分の1日の食事をもう1度チェックしてみましょう。