乾燥肌ニキビの原因と対策・治し方、
3つのスキンケア方法を解説します。

ニキビ対策
≫乾燥肌ニキビの治し方はこちら

ニキビの種類で対策は違う

ニキビは脂性肌の方の悩みと思われがちですが、
実は乾燥肌の方も同じくらいニキビの危険に
さらされています。

しかし、「脂性肌ニキビ」と「乾燥肌ニキビ」
は全く別物。

 

ニキビができたからといって、乾燥肌の方が
一般的な「脂性肌ニキビ」対策をしていては
かえって悪化させてしまう可能性があります。

今回はそんな「乾燥肌ニキビ」の原因と対策
をまとめました。

 

そもそもニキビは、顔の毛穴に皮脂が詰まって
炎症を引き起こすことで現れます。

乾燥肌の場合、皮脂の量は少ないはずなのに、
なぜニキビができるのでしょうか。

 

その原因は、乾燥により肌が
ゴワゴワ・ガサガサの固い状態になり、
毛穴が小さくなってしまうことにあります。

通常よりも小さくなった毛穴は、少量の皮脂で
あっても詰まりやすくなってしまうんですね。

 

また、乾燥肌はターンオーバー(新陳代謝)が乱れ、
本来のバリア機能が低下している状態です。

そのため、炎症を起こしやすくなっていることも原因です。

乾燥肌ニキビの正しい対策

上記のことを念頭に、クレンジングから保湿まで
適切なスキンケア対策をみていきましょう。

 

○クレンジング

メイクをした日は必ずクレンジングをすることは
もちろんですが、外出しない日はメイクを控えて、
クレンジングもしないようにしましょう。

毎日のクレンジングは肌に負担になり、
乾燥肌の原因になるためです。

 

ゴシゴシこするのもNG。

強い刺激は炎症を引き起こしますので、
クリームタイプなどで、優しく落とすのがオススメです。

毛穴に詰まりやすいオイルタイプや、
乾燥肌を傷つけやすいふき取りタイプは避けましょう。

 

○洗顔

ニキビ対策には「しっかり洗顔」のイメージがありますが、
乾燥ニキビの場合は洗顔のやり過ぎには注意です。

過剰な洗顔は乾燥肌の原因になってしまいます。

 

むしろ朝はぬるま湯ですすぐだけにするなど、
少し抑えめな洗顔がオススメです。

(熱湯や冷水はNG。人肌と同じくらいの温度の
お湯が肌に一番負担がありません。)

 

洗顔料を使うときはよく泡立て、
泡をころがすようにして洗います。

クレンジングと同様、こすらないのがポイント。

洗顔15秒、すすぎ20~30秒程度の
軽めの洗顔を意識しましょう。

 

また、一般的なニキビ対策で知られる
ピーリングも「乾燥肌ニキビ」の場合はNGです。

ピーリングでは古い角質を除去できますが
「乾燥肌ニキビ」の原因はそこにはありませんし、
乾燥肌を傷つけてしまう可能性があります。

 

○保湿

洗顔後の保湿は肌に水分を行き渡らせ、
毛穴を柔らかく元の大きさに戻す大切な工程です。

ただし、無暗にクリームなどで油分をつけ過ぎると
肌本来の皮脂分泌力(バリア機能)を妨げたり、
毛穴が詰まる原因を作ってしまいかねないので注意。

 

化粧水は少量ずつをくり返しつけます。

パッティングは乾燥肌を傷つける可能性があるので
コットンの使用は避け、手でやさしく浸透させましょう。

殺菌・抗菌作用、消炎作用、皮膚柔軟化作用
のある成分配合のものを使うとより効果的です。

 

また、ニキビ部分にはクリームや
美容液はつけないようにします。

今まで一般的なニキビ対策をしてきて効果がなかった
という方は、ぜひ上記の方法を試してみてくださいね。