亜鉛の美肌・健康効果が得られる
食べ物(食品・食材)を紹介します。

牡蠣

 

亜鉛は鉄やカルシウムなどと同じ
身体に必要な16種類のミネラルの1つで、
体内で作り出すことができないため
食べ物で補う必要があります。

通常体内にはおよそ2gの亜鉛が蓄えられており、
その半分は血液中に、残りは様々な臓器の
細胞の中にあります。

 

そして、臓器の亜鉛が不足すると
血液中の亜鉛で補われます。

よって、脳の亜鉛が不足すると
情報伝達物質の調整ができず、
記憶情報が呼び出しにくくなるため
記憶力が低下が起こることがあります。

 

また、肌の細胞の新陳代謝にも亜鉛が必要です。

肌の細胞は4週間毎に新陳代謝を行い、
新しい細胞に生まれ変わっています。

 

ところが、亜鉛が不足すると新陳代謝が正常に行われず、
肌荒れやシミなどができてしまいます。

また、亜鉛は体内で約300種類の新陳代謝に関係しており、
脳や肌に限らず亜鉛不足を放っておけば体が老化します。

 

年齢は関係ありません。

このように亜鉛は私達の生命維持に欠かせない物質ですが、
日本人には亜鉛不足の人が意外に多いのです。

 

もし体内の亜鉛が不足していると、
5年後、10年後には老けた体になってしまう可能性があります。

ここでは、簡単にできる対処法を紹介していきます。

 

亜鉛を多く含む食材には、牡蠣(カキ)があります。
100g中(牡蠣約7個) の亜鉛含有量は、13.2gmです。

牡蠣を毎日7個も食べるのは大変ですが、
亜鉛はほとんどの食材に少しずつ含まれているので
摂取しにくいものではありません。

 

通常1日の亜鉛摂取量は男性が9mg、女性が7mgですが、
朝昼晩に通常の食事をすればこの位の量は
特別なことをしなくても摂取することができます。

しかし、なぜ多くの食材に亜鉛が含まれているのに、
日本人は亜鉛不足なのでしょうか?

 

これには普段の生活に原因があり、
主に以下の4つがあげられます。

 

1.アルコールの摂取

体内に入ったアルコールは肝臓で分解されますが、
分解酵素は亜鉛によって働くためアルコールを大量に摂ると
食事で摂取した亜鉛が使われて不足してしまうのです。

 

2.喫煙

タバコを吸うと体内で活性酸素が大量に発生し、
この活性酸素を撃退するために亜鉛が大量に使われます。

 

3.ストレス

ストレスを感じると脳で興奮性の神経伝達物質が分泌しますが、
亜鉛はこの神経伝達物質の分泌を抑制するために使われます。

よって、ストレスが多いと脳で亜鉛が大量に使われてしまいます。

 

4.野菜中心の食生活

海藻や野菜などに含まれている食物繊維は、
亜鉛の吸収を妨げます。

確かに食物繊維は身体に良いものですが、
多く摂りすぎると亜鉛を包み込んでしまい、
亜鉛が吸収される前に体外に排出して今います。

 

このような理由で
細胞の新陳代謝の働きに必要な亜鉛が不足し、
身体の老化が進行してしまうのです。

よって、亜鉛不足を防ぐには
まず毎日の生活を見直すことが必要ですが、
ここではもう1つすぐにできる亜鉛不足解消法を紹介します。

 

ポイントは、以下の2つです。

 

1.肉を食べる

牡蠣やレバーなどには亜鉛が多く含まれていますが、
毎日食べるのは大変ですし苦手な方もたくさんいるかと思います。

そこで、亜鉛を豊富に含んでいる肉を食べることが
重要なポイントになります。

 

1mgの亜鉛を摂るには鶏肉ササミ40g(串焼き1本)、
豚肉肩ロース25g(生姜焼き1枚)、
牛肉肩ロース18g(1切れ程度)で十分です。

よって、肉を食べれば亜鉛を簡単に摂取することができます。

 

100gの亜鉛量は牛脂身だと1.1g、赤身肉だと5.5mgと
脂肪の少ない赤身の方がたくさん亜鉛を含んでいます。

また、肉に含まれる動物性たんぱく質のシスチンとヒスチジン
というアミノ酸には亜鉛の吸収を良くする働きがあります。

 

さらに、体内に吸収された動物性たんぱく質は、
亜鉛が全身にくまなく行き渡るようにする働きを持っています。

このように亜鉛と動物性たんぱく質の相性は抜群ですが、
肉を摂り過ぎないように野菜とバランスよく食べるようにしましょう。

 

ちなみに、動物性たんぱく質は卵にも豊富に含まれているので、
卵料理を食事に1品食われるだけで亜鉛の吸収率はアップします。

 

2.クエン酸やビタミンCを摂る

亜鉛はクエン酸やビタミンCが含まれている食材と
一緒に摂ると吸収されやすくなります。

これにより、亜鉛の吸収率が50%近くアップした
という例もあるようです。

 

ビタミンCはレモンなどの柑橘類に、
クエン酸は柑橘類の他にお酢や梅干に豊富に含まれています。

普段の食事に酢の物や梅干を加たり、
焼き魚や揚げ物にレモンをかけるだけで効果があります。

 

レモンのエリオシトリンには脂質の吸収を抑える働きもあり、
酢豚や酢飯など、料理にお酢を取り入れるものお勧めです。