生姜の栄養素(ジンゲロール・ショウガオール)
の効能と健康料理・レシピを紹介します。

生姜

 

世界で言われている生姜の効能には、
以下のようなものがあります。

身体を温める、血液さらさら、免疫力を高める、
発汗、強心、めまい、うつ、生殖機能の改善、
消化吸収能力、コレステロール低下、咳を抑える、
酸化防止、吐き気をとる、鎮痛、抗菌、解毒。

 

そして、生姜は食べ方によって効能が違うので、
ただ食べるだけでは生姜の効能を活かすことは
できないのです。

生姜は生で食べるか、
過熱して食べるかで効果が全く違うので、
以下に調理法で変わる生姜の効能について解説します。

 

生で生姜を食べると免疫力がアップし、
風邪などのウィルスを撃退しやすくなると言えます。

では、炒めたり、煮たり、茹でたりし生姜に熱を加えて
食べるとどのような効果があるのでしょうか?

 

熱を加えるとジンゲロールの量は減りますが、
ジンゲロールの量が減るとショウガオールという
成分が増加します。

ジンゲオールに熱を加えるとショウガオール
に変化するのです。

 

そして、このショウガオールには血管を拡張し、
血行を良くするという機能があります。

人間の血管に対し、
プロスタグランジンという物質が血管の収縮性を
強めたり、血小板の粘着性を高めています。

 

しかし、このバランスが崩れると血管が細くなりすぎたり、
血小板の粘り気が強くなりすぎたりします。

特に冬の寒い時期にこのような状態になりやすく、
血行が悪くなり身体に様々な悪影響を引き起こします。

 

その救世主がショウガオールなのです。

血液の流れが悪くなることが、
老化や様々な病気を引き起こす一番の原因なので、
加熱した生姜に含まれるショウガオールには
老化防止や病気を予防する効能があると言えます。

 

ショウガオールは血管を収縮させている
プロスタグランジンの働きを弱めるので血管を拡張したり、
血小板の粘り気を強めるプロスタグランジンの働きを弱め、
血液の流れを良くします。

よって、ショウガオールを摂れば、
身体の隅々まで血液が行き渡るようになり体が温まるのです。

 

激辛メニューを食べた時にように
すぐに身体が熱くなるのではなく、
ショウガオールを摂ると3~4時間かけて
身体の芯から温まってきます。

煮たり、茹でたりするよりも炒めた時に
ショウガオールの量は一番多くなることが分かっています。

 

身体を温めたい時は、豚の生姜焼きなど
生姜を炒めて食べるのが効果的です。

ジンゲオールは1879年にイギリスのJ.C.スレッシュ博士が、
ショウガオールは1917年に日本の野村博博士が発見したようです。