睡眠の質を下げる電気・スマホとパソコン
の画面・エアコンについて解説します。

スマートフォン

電気は消して寝る

部屋の電気をつけたまま寝ると、
目を閉じていてもまぶたから入ってくる
電気の光を脳が感じて覚醒状態になるので
熟睡できません。

電気だけでなくテレビなどの光も同じなので、
テレビも決して寝るようにしましょう。

 

音楽やラジオの音も光と同様に睡眠中も
耳から入ってきて脳に刺激を与えるので、
ラジオも決して静かな部屋で寝ましょう。

どうしても騒がしいところで寝る場合には、
耳栓をして寝ることをお勧めします。

スマホで寝つきが悪化

スマホやパソコンの画面から出る光も、
脳に刺激を与えるので寝る前に使うと
交感神経が活発になり寝つきが悪くなります。

脳がちょっとした興奮状態になるので、
なんとか眠れたとしても睡眠の質は落ちます。

よって、寝る前の1時間くらいは
スマホやパソコンは使わないほうがいいです。

夏と冬のエアコンの使い方

夏の夜は蒸暑くて、冬の夜は寒いので、
エアコンを使っている方も多いと思いますが、
体を冷やし過ぎると睡眠の質が下がりますし、
喉が痛くなる夏風邪にもなりやすいです。

夜の除湿は冷房より体が冷やしやすいので、
25℃~28℃位の間で暑すぎず寒すぎない
温度にして朝までつけておきましょう。

 

タイマーをセットして3~4時間で切れる
ようにしている方もいるかもしれませんが、
タイマーが切れた途端、部屋の温度が上がり、
目覚めてしまうので逆効果です。

結局また冷房をつけて寝るはめになりますが、
温度差のために途中で目が覚めてまた寝る
ことで睡眠の質は下がってしまいます。

 

冷房を途中で切るよりつけたままにしたほうが、
電気代もかからずエコです。

ただし、冷房の風が直接体に当たらないように
しましょう。

 

冷房はつけっぱなしのほうが効果的ですが、
暖房ずっとつけっぱなしにすると乾燥するので、
暖房は寝る時だけにしましょう。

その代り、除湿機を使って部屋の湿度を高く
60%くらいに保つことをお勧めします。