肌の乾燥による口周りの荒れに効く
ラップを使ったパック法を紹介します。

口周りの乾燥

 

口の周りというのは、顔の肌の中でも
皮膚が薄くとてもデリケートな部分。

その割に、あまり丁寧にケアされない
部分でもあります。

口周りが荒れる原因

口紅を落とすために、
クレンジングの際強く擦ってしまったり、
化粧水やクリームを塗るとき、
鼻の下や口角までしっかり塗れていなかったり、
乾燥するからと言って唇を舐めてしまったり
するのもよくありません。

 

そのため、
それほど乾燥肌に悩まされていない方でも
口の周りだけが荒れたり、
粉がふいてしまったりするものです。

今回は、そんな多くの方が悩む
「口の周りのカサカサ・荒れ」をケアする、
ラップを使った簡単なパック法をご紹介します。

お勧めの口周りパック法

≪用意するもの≫

・タオル
・リップクリーム
・食品包装用のラップフィルム

 

≪手順≫

1.唇が清潔な状態で始める

パックをする際、しっかりと潤いが浸透するように
事前に口紅や汚れをキレイに落としておきましょう。

肌が清潔で血行も良くなっている
お風呂あがりに行うのがオススメです。

 

2.蒸しタオルで唇を温める

唇を温めてやわらかくしておくと効果が高まります。

蒸しタオルを口元に優しく当て、
スチーム効果を利用し、温めて蒸しましょう。

時間がない時はこの工程を飛ばしてもOKです。

 

≪蒸しタオルの作り方≫

水で濡らしたタオルをゆるめに絞り、
耐熱皿にのせて電子レンジで40秒~1分程温める。

※やけどに注意

 

3.リップクリームを広めに塗る

唇から少しはみでるくらい、
カサカサ・荒れが気になる範囲をカバーするつもりで
リップクリームをたっぷりと厚く塗ります。

 

4.マッサージをする

利き手の薬指を使って唇をクルクルと
小さな円を描くようにマッサージします。

デリケートな部分なので強すぎる摩擦・
マッサージのやりすぎは禁物です。

上記のマッサージを2~3回、優しく行いましょう。

 

5.ラップで覆う

リップクリームを塗った範囲を覆えるサイズに
切ったラップでパックをします。

1枚で全体を覆ってももOKですが、
ラップを上下2枚に分けて貼るのがオススメです。

ラップを小さく2枚にカットして上下にそれぞれ貼ると、
唇全体をしっかりカバーできます。

1枚で全体を覆う場合は、
真ん中に切れ込みを入れておくと呼吸もしやすく、
便利です。

 

6.5~10分置く

 

7.ラップをはがして終了

リップクリームは洗い流さなくてOK。

擦ると乾燥の原因になるので、
拭き取りたい場合はやわらかいティッシュや
蒸しタオルなどを優しく押して落としてください。

 

≪補足≫

使用するリップクリームは普段使っているもので十分ですが、
その他、エクストラヴァージンオリーブオイルや、蜂蜜、
ワセリン、唇専用美容液などを使用してもOKです。

食品や美容液を使用する場合は、
パック後にリップクリームを塗って
潤いが逃げないようにしましょう。

 

ただ、デリケートな部分ですから、
過度なケアは逆効果になる可能性があります。

頻度としては週1回~2週間に1回程度で良いと思います。

唇の様子を見ながら行ってみてください。

 

継続的に行うと、リップメイクのノリが全然違いますよ。

ぜひ、丁寧なケアでぷるぷるの唇を手に入れてくださいね。