肌の乾燥に効果的な無添加のオリーブオイル
を使ったスキンケア方法を紹介します。

オリーブオイル

オリーブオイルの無添加成分

「乾燥が気になる」
「敏感肌でなかなか刺激の強い化粧品は苦手」
「天然のものを使いたい」

そんな方にオススメなのが、
オリーブオイルでのスキンケアです。

 

オリーブオイルは、
市販されている多くの化粧品に使われている
化学成分(防腐剤・香料・着色料・保存料)
が含まれていないため、
それらによる肌荒れやトラブルを抱えた方から
支持されて広まったスキンケア法です。

 

特に、オリーブオイルに含まれるオレイン酸が
大人の乾燥肌には高い効果を発揮すると言われ、
話題になりました。

他にも、肌荒れを防ぐビタミンA、
抗酸化が期待できるビタミンEなど
嬉しい成分がいっぱい!

しかし、無添加な分、注意も必要です。

オリーブオイルの正しい使用法

今回はそんなオリーブオイルの効果的なスキンケア法を
特に乾燥肌の方向けにまとめてみました。

 

★STEP1★オリーブオイルの種類は?

まず始めに、オリーブオイルは精製度の高い
「エクストラヴァージンオリーブオイル」を使用しましょう。

精製などの手を加えていない
自然の恵み100%のオイルで、
不純物が少なく、ビタミンやミネラルがたっぷり
含まれているのが特徴です。

 

またオリーブオイルには「食用」と「美容用」があり、
同じ「エクストラヴァージンオリーブオイル」でも
精製度が異なります。

「食用」は原料の栄養をできるだけ
残すように製造されるため、
場合によっては肌が刺激を感じたり、
アレルギーが起こる可能性があります。

 

敏感肌やアレルギー体質の方は
「美容用」を選ぶのがよいでしょう。

では実際の使用法をみていきましょう。

 

★STEP2★クレンジングに使う

乾燥肌の原因の1つに市販のクレンジングでは
皮脂を取りすぎてしまうことが挙げられます。

オリーブオイルは潤いを守りながら
汚れを落とすことができるので、
まずはクレンジングオイルの代用として
使うのがオススメです。

 

オイルクレンジングを使う時と同様、
顔全体をマッサージするようにメイクとなじませます。

ごしごしこすらず、滑らせるように。

洗い流す際は、まず少量のお湯を手に取り、
顔のオイルとなじませ、しっかりと乳化させてから
洗い流します。

 

手が汚れているとせっかくのオリーブオイルが
手の汚れを吸着してしまいますから、
始めに手を清潔にしておくのがポイントです。

 

★STEP3★乳液・クリームとして使う

オリーブオイルが浸透するのは
肌の一番上の層・角質までですが、
肌にしっかりと蓋をし、水分の蒸発を防ぐので
乾燥が激しい方はスキンケアの最後に
乳液やクリームの代わりにオリーブオイルを
使用するのがオススメです。

 

オイルを1~2滴手にとり、
手で温めてから顔全体に優しくなじませます。

化粧水をつけて冷たくなっているお肌を
温めるようなイメージでハンドプレスしましょう。

オイルの浸透力を高めるために、
しっかりと温めてから使うのがポイントです。

 

また、無添加のオリーブオイルは
とても酸化しやすいので注意。

余分なオイルを肌に残すと、
肌荒れやニキビの原因となってしまいます。

つけすぎた場合はコットンやホットタオルなどで、
こすらずにやさしくオフしましょう。