体が若返る食べ物&ヨガを組み合せた
食事法(ボディエンザイム)を紹介します。

ボディエンザイム

ボディエンザイムには1週間行う基本メニューと、
最初と最後の2日間に行う特別メニューがあります。

 

腸にどんなに良いことをしても
腸が汚れていては意味がありません。

よって、まず基本メニューによって、
腸内によい菌を植え付け腸が正常に働く環境を作ります。

 

最初の2日間では腸内に貯まっている
便やガスを徹底的に対外に出し、最後の2日間では
腸内に定着してきた良い菌を増やします。

ボディエンザイムを行うと1週間で腸の働きが復活し、
1年間はボディエンザイムの効果が続きます。

 

ボディエンザイムを行う上で
守らなければならないルールがあり、
たった1週間なので以下のルールを守って下さい。

1.1日3食食べる。

2.間食はしない。

3.肉を食べるなら脂肪の少ない物を食べる。
(豚肉より鶏肉)

4.お酒はなるべく控える。
(ビールグラス、焼酎ロックグラス1杯程度)

 

毎日行う基本メニューでは腸内をきれいにしますが、
基本メニューでは以下のことを行います。

1.腸の働きを活性化してくれる
ヨーグルトを1日250グラム食べる。

1度に食べるより数回に分けて食べると
より取り入れ易くなります。

ヨーグルト(砂糖が入ってないプレーンヨーグルトがお勧め)は、
腸に善玉菌を植え付け腸内環境を改善してくれます。

 

2.ヨーグルトと合わせて腸によい食物繊維を摂る。

ただ、食物繊維は間違った取り方をすると
便秘を引き起こす可能性があるので注意が必要です。

食物繊維には不溶性と水溶性の2種類があります。

 

そして、不溶性は腸内で水分を吸うと膨らむので、
腸のぜん動運動が弱い時に不溶性を取ると
便がつまる原因になります。

よって、食物繊維には使い分けが必要です。

 

腸の働きが弱い週の前半では水溶性の食物繊維を摂ります。

水溶性の食物繊維が含まれる食べ物にはバナナ、
海藻類(ワカメ、コンブなど)、シイタケなどがあります。

 

腸の働きが改善されてきた週の後半では、
不溶性の食物繊維を摂ります。

不溶性の食物繊維が含まれる食物にはゴボウ、
ブロッコリー、インゲン、サツマイモなどがありますが、
毎日の食事に取り入れるは難しいかもしれません。

 

そこでボディエンザイムにうってつけの食物は寒天で、
寒天に含まれる食物繊維は液体の状態だと水溶性、
固体の状態だと不溶性になるからです。

粉寒天などをお茶などに溶かせば水溶性食物繊維に、
角寒天やトコロテンなどを利用すれば
不溶性食物繊維を摂取できます。

 

このように寒天は水溶性と不溶性の
食物繊維を摂取することができ、
簡単に1週間で腸内環境は改善されていきます。

どちらも1日4グラムが目安の摂取量ですが、
粉寒天の場合は1回の食事につき
ティースプーンすりきり1杯です。

 

粉寒天は味噌汁やシチューに、
角寒天はサラダやゼリーに混ぜると簡単に摂取できます。

 

3.外からも腸をリセットするためにパワーヨガを朝晩行う。

腸が汚れてしまう原因の1つに
腸下垂(ちょうかすい)があります。

腹筋や背筋などの筋肉の衰えにより
腸を支えることができなって腸が下がってしまうので、
パワーヨガを行うことにより腸を支える筋肉を刺激し
腸下垂を改善します。

 

腸下垂になると下っ腹が出たりしますが、
パワーヨガを行うと腸の状態が改善するだけでなく
腸下垂からくる体型の崩れも予防できます。

ヨガではなくパワーヨガ?と
難しそうに思う方もいるかもしれませんが、
パワーヨガは誰でも簡単にできるので安心して下さい。

 

まず、ヨガの基本は呼吸です。

鼻から吸って鼻から吐く呼吸がヨガのポイントで、
腸のぜん動運動をつかさどる副交感神経を
正常に保つのに効果的です。

ボディエンザイムの基本メニューで行う
パワーヨガの動作は以下の2つです。

 

A.ひねり三角のポーズ

よつんばいの姿勢になって右足を一歩前に踏み出し、
右手をお知りの上に乗せて左手を右足の右側に近づけ、
息を吸いながら身体を右へひねり右手を上に向かって
真っすぐ伸ばし、その姿勢を30秒キープします。

 

これを左右交互に2回繰り返しますが、
このポーズによって鍛えられるのが腸腰筋です。

腸腰筋を鍛えるとぜん動運動が促進され、
腸の働きがより活発になります。

 

B.太陽を仰ぐポーズ

まず、両足を腰幅に開いて立ち、
息を吸いながら両腕を身体の横から上に伸ばし、
頭の上で手を合わせます。

その後、息を吐きながら手を合わせたまま
身体の正面からゆっくり両腕を下ろし、
これを1分間繰り返します。

 

このポーズは、ひねり三角のポーズの前後に行います。

これらのポーズの間は鼻で呼吸するようにして下さい。

 

腸によい効果をもたらすために
1と2のパワーヨガのポーズは朝と晩に行いますが、
食後2時間以内は避けるようにして下さい。

朝と晩の2回パワーヨガを行う理由は、
腸のぜん動運動を促進させるモチリンというホルモンが
空腹時に一番多く分泌されるからです。

 

朝食前や就寝前にパワーヨガを行えば、
より腸が活発に働くのです。

たったこれだけのことをするだけで、
腸の状態が良くなって身体が若返り、
腸下垂も改善されます。

この基本メニューを1週間毎日行うと、
腸内環境は改善されていきます。

 

ここからは特別メニューについて解説します。

最初の2日間に行う特別メニューですが、
キーワードは「出す」です。

 

それは、いくらよい食事を摂ったりよい運動を行っても、
貯まっている便やガスを出さないと意味がないからです。

そこで、最初の2日間は徹底的に腸内の汚れを取り除きます。

 

水分を摂ると便がやわらかくなり体外に出しやすくなるので、
1日の目安は2リットルで数回に分けて飲みます。

そして、もう1つの「出す」ための秘策はオレイン酸です。

 

オレイン酸は、腸を刺激して腸のぜん動運動を促進します。

オレイン酸を含む食材には、オリーブ油、ゴマ油、
紅花油、オリーブの実、カシューナッツ、牛乳などで
これらの食材を普段の食事に混ぜて摂取します。

 

オリーブ油なら1日1杯半で十分です。

パンにオリーブ油をかけたり、
イワシとオリーブ油のオーブン焼きなど、
オリーブ油を使った料理はたくさんあります。

 

体外からも刺激して腸内に貯まっている便やガスを
出すために、ここでも以下のヨガのポーズを行います。

 

1.Vのポーズ

仰向けになって両手を頭の後ろで組み、
両足(膝)を曲げ額に近づけます。

この時、尾骨が上がっていることを意識し、
息を吐きながら片足を床と水平に伸ばして体を内側にひねり、
これをゆっくりとした呼吸で左右交互に1分間繰り返します。

 

この時、足の指を開くとしっかり足を伸ばすことができます。

Vのポーズを行うとお腹で一番大きい腸の上の筋肉である
腹直筋が収縮し、腸に詰まっている便が押し出されます。

 

基本メニューに加えてこの特別メニューを行うと
今まで便秘の人でも便が出るといった効果が現れます。

 

次に、ボディエンザイムの最後の2日間で行う
特別メニューについて解説します。

キーワードは「育てる」で、最後の2日間では、
基本メニューに加えて特別メニューを行うことにより
善玉菌を育てるオリゴ糖を増やしていきます。

 

オリゴ糖は腸内の善玉菌の大好物で
腸内の善玉菌を増やす効果があり、
善玉菌を定着させ腸内環境が改善されます。

オリゴ糖が豊富に含まれている食材と言えばハチミツで、
1日ティースプーン1杯摂れば十分です。

 

基本メニューで摂取しているヨーグルト
にかけて食べれば簡単に摂取できます。

さらに腸をよりよい環境に整えるためにキウイや
パイナップルなどの酵素を含む果物を摂取すれば、
腸内の酵素の働きがより促進されます。

 

キウイとパイナップルには酵素が多く含まれているので、
果物の中でもお勧めです。

果物は酵素が壊れないように生で摂取しますが、
ヨーグルトや寒天と合わせてデザートにすると
食べやすいと思います。

 

果物の酵素は腸の消化吸収を助けてくれるので、
体内の酵素の無駄使いを減らし、腸の負担が軽減します。

そして、最後の2日間は以下のヨガのポーズを行いましょう。

 

1.膝曲げ三角のポーズ

足を肩幅より大きく広げて片方のつま先を外側に向け、
息を吸いながら両腕を水平に上げて片足の膝を曲げます。

その後、息を吐きながら膝を曲げた足と
同じ側にある腕の肘を膝の上に乗せて、
息を吸いながら反対側の手を頭の横から上に伸ばし、
その状態を30秒間キープします。

 

この時、身体全体は三角形を作っています。

これを左右交互に3回ずつ繰り返します。

このポーズは腹筋と背筋を刺激し、
腸下垂が改善されポッコリしたお腹が改善されます。