血管をきれいにする方法や飲み物・
食べ物(栄養素)を紹介します。

お茶

 

以下の症状に一つでもあてはまると、
栄養、酸素不足が起きています。

よくあくびが出る、だるさや疲労感がある、
頭がボーッとしていることがある、、太った
注意力が散漫、めまいや立ちくらみが起きる

 

特に春先は前進の血管が広がりすぎて
栄養や酸素が届きにくくなり、
それがいろいろな深い症状を引き起こします。

早く改善しないと、がん、脳梗塞、心筋梗塞、
認知症などの原因となります。

 

血管は細すぎてもつまって血液の流れが悪くなりますが、
広すぎても血液の流れが遅くなるのでよくありません。

そこで、血管を適度な広さに保ち、
血液の流れを正常にすることで
上述したような不快症状を予防改善できます。

 

ここでは、血管内を健康に保つ、
自宅でできる血管内治療を紹介します。

自宅でできる血管内治療の1つ目は、
栄養、酸素を早く届けるためにこまめに水分を摂ることです。

 

冬は汗をかきませんから水分を多く摂りません。

そして、春になってからもタラタラ汗をかきませんから、
水分を摂らないという方がたくさんいます。

 

しかし、春は目に見えない汗をたくさんかいていて
自覚のない脱水症状を起こしている方が意外に多く、
適度な水分補給が必要です。

春先は特に意識して水分を摂るようにしましょう。

 

そして、水分なら何でも良いのですが、
血管を柔らかく丈夫にしてくれる粉茶がお勧めです。

ビタミンCとビタミンEを一緒に摂ると血管を柔軟にし、
血管の詰まりを防ぐ効果が期待できますが、
粉茶の葉にはビタミンEがたくさん含まれています。

 

自宅でできる血管内治療の2つ目は、栄養、
酸素を早く届けるために体内に水分を留めることで、
朝食の味付けがポイントとなります。

塩は水の水滴をくっつけるので、
朝食に塩分を少し大目(2本の指で1つまみ)にすると
効果的です。

 

夜とると塩分を体内に蓄えてしまうので朝取るようにし、
高血圧の方はかかりつけのお医者さんと相談して下さい。

自宅でできる血管内治療の3つ目は、
栄養、酸素を運ぶ量を増やすために、
顔に刺激を与えることです。

 

これは、顔を刺激すると自律神経が刺激され、
血球が通過しやすい程度に血管が拡張するためです。

栄養、酸素を運ぶ量を増やす顔の刺激法は、
「目を5秒間大きく開く」です。

 

トイレで用をすました後は緊張がほぐれ
血管が大きく広がりすぎるため、
トイレから出た時に行うと効果的です。

目を大きく開くことで、
血管を適度な広さに調整することができます。

 

体内に必要な栄養素を摂るのに、
特に大切なのは昼食です。

1日の生活リズムを考えると、
午前中は調子が自然に上がっていき、
午後落ちていきます。

 

午後落ちていくことを抑えるためには昼食がポイントで、
たんぱく質、特に肉類を昼食に意識して摂る(1食60g)と
良い効果が得られます。

年をとるほど、肉類の摂取は重要になります。

 

自宅でできる血管内治療の最後は、
体内に酸素をしっかり取り込むための
身体を動かす時の呼吸法です。

 

血管は息を吐くと太くなり、吸うと細くなるので、
息を吐く方に注意します。

体内に酸素をしっかり取り込むために、
身体を動かす時は大きく息を吐き(時間をかけて吐ききる)、
その後で息を吸いましょう。