野菜スープのダイエット効果を得る
材料と作り方を紹介します。

野菜スープ

 

キャベツ、玉ねぎ、カボチャ、ニンジンの
4つの野菜を煮込んだ野菜スープを飲むことにより、
体重と体脂肪を減らすことができるのです。

ここでは、そんなダイエット効果のある野菜スープの
飲む量、時間、使う材料と作り方を紹介します。

 

まず、野菜スープの作り方は以下の通りです。

<材料(4杯分)>

キャベツ、玉ねぎ、カボチャ、ニンジン、
各50gに対して水800ml

 

<作り方>

各々の野菜をみじん切りにして
水と鍋に入れ一度沸騰させ、
中火で20分ほど煮込む。野菜はよくこす。

残った野菜はみそ汁やカレーなど、
他の料理の具にして食べられます。

 

飲む量は1日2回朝食前と
カップ1杯(150~200cc)ずつ、
飲む時間は午後3時頃が効果的です。

野菜スープを飲む時の注意点は、
スープだけを飲むことです。

 

野菜の材料も一緒に摂ってしまうと、
熱で溶け出したダイエットに効果のある成分の
吸収率が低下してしまうので注意しましょう。

食事を変えなくても、野菜スープを
タイミングに注意して飲むことにより
ダイエット効果が得られるのです。

 

そして、玉ねぎは単独でもダイエット効果があります。

玉ねぎの肥満予防効果を高める食べ方は、
玉ねぎをスープにすることです。

 

玉ねぎスープそのままでは飲みにくいと思いますが、
オレンジジュースで割ると飲みやすくなります。

ダイエットに効果的な玉ねぎジュースの作り方は、
以下の通りです。

 

1.玉ねぎ中1個を皮ごと電子レンジで加熱
(400Wで5分間が目安)。

2.玉ねぎを冷まして皮と根を取る。

3.これに水2カップと塩少々を加えて1分間ミキサーにかける。

 

そして、1杯分(100cc)をオレンジジュースで割り、
朝晩1杯ずつで1日2杯飲みます。

余った分は、冷蔵庫に入れ、
2~3日で飲みきるようにしましょう。

 

また、キャベツにも単独でダイエット効果があります。

小玉のキャベツ1/6個分を
夕食の最初に生でザク切りにして食べるだけで、
肥満予防効果が得られます。

 

メタボリック症候群などの急激な原料が必要な人は、
毎食キャベツを食べるようにしましょう。

1度痩せた後にまた太ったと感じたら、一週間位
キャベツを食べることにより体重をキープできます。