記憶力低下の原因となる亜鉛不足予防法を紹介。

亜鉛不足で記憶力が低下

亜鉛不足で記憶力が低下

亜鉛不足が続くと記憶力が低下することが考えられます。しかし、亜鉛は食物に含まれているのか?鉄なの?などピンと来ない方もたくさんいると思います。

亜鉛は鉄やカルシウムなどと同じ身体に必要な16種類のミネラルの1つで、体内では亜鉛を作り出すことができないため食事で補う必要があります。

通常体内にはおよそ2gの亜鉛が蓄えられており、その半分は血液中に、残りは様々な臓器の細胞の中にあります。

もし、臓器の亜鉛が不足すると血液中の亜鉛で補われます。そして、脳の亜鉛が不足すると記憶力の低下が起こったりします。

人間の脳の海馬(かいば)では情報を記憶したり整理するために様々な情報伝達物質が分泌され、情報は幾つかに分けられて記憶されます。

この過程で、亜鉛は分泌された様々な情報伝達物質を招請し記憶情報を統合して呼び出す大切な役割を果たしています。

よって、亜鉛が不足してしまうと情報伝達物質の調整ができず、記憶情報が呼び出せなくなるため記憶力が低下してしまうのです。

また、肌の細胞の新陳代謝にも亜鉛が必要です。肌の細胞は4週間毎に新陳代謝を行い、新しい細胞に生まれ変わっています。

亜鉛が不足すると細胞で新陳代謝が正常に行われず肌荒れやシミができたり、他にも舌の細胞が新陳代謝できず味覚が衰えてしまうこともあります。

このように、亜鉛は私達の生命維持に欠かせない物質なのです。

さらに、亜鉛は私達の身体の中で約300種類の新陳代謝に関係しているため、脳や肌に限らず亜鉛不足を放っておけば年齢に関係なく身体が老化していきます。

実は、日本人には亜鉛不足の人が意外に多く、もし体内の亜鉛が不足していると5年後10年後にはどんでもなく老けた身体になってしまう可能性があります。

しかし、亜鉛はほとんどの食材に含まれているのです。それなのに、なぜ私達日本人は亜鉛不足になってしまうのでしょうか?

これは普段の生活に原因があり、主に以下の4つがあげられます。

1.アルコールの摂取

体内に入ったアルコールは肝臓で分解されますが、分解酵素は亜鉛により働くためアルコールを大量に摂ると食事で摂取した亜鉛が使われ不足してしまいます。

2.喫煙

タバコを吸うと体内で活性酸素が大量に発生し、この活性酸素を撃退するために亜鉛が大量に使われてしまいます。

3.ストレス

ストレスを感じると脳で興奮性の神経伝達物質が分泌しますが、亜鉛はこの神経伝達物質の分泌を抑制するために使われます。

よって、ストレスが多いと脳で亜鉛が大量に使われてしまいます。

4.野菜中心の食生活

海藻や野菜などに含まれている食物繊維は亜鉛の吸収を妨げます。

確かに食物繊維は身体に良い物ですが、多く摂りすぎると亜鉛を包み込んでしまい亜鉛が吸収される前に体外に排出して今います。

このような理由で細胞の新陳代謝の働きに必要な亜鉛が不足し、記憶力の低下や身体の老化が進行してしまうのです。

健康生活ナビホームサイトマップ免責事項