自宅でストレッチとマッサージを行えばセルライトを除去できます。

自宅でセルライトを除去

自宅でセルライトを除去する方法

セルライトとは脂肪細胞の中に老廃物が蓄積して肥大化した状態で、セルライトは以下の3段階で成長します。

レベル1.足の太ももをつまむと凸凹が現れる。
レベル2.前屈みになり皮膚が伸びると太ももの内側に凸凹が現れる。
レベル3.皮膚表面(とくに太ももの内側)に凸凹がある。

このうち、レベル2までなら自宅で簡単にセルライトを除去できる方法があり、この方法を2週間続ければセルライトは劇的に変化します。

レベル2までのセルライトならリンパ液の流れを良くし、溜まった老廃物をその処理場である腎臓に送りセルライトを除去することができます。

レベル3の人も諦めてはいけません。この方法を今病院などで行っているセルライト除去法に取り入れれば、改善速度アップに効果的です。

ここでは、どんなにダイエットしても除去できないセルライトを自宅で簡単に除去できるストレッチとマッサージを紹介します。

リンパ液の流れを良くする以下の2つのストレッチを行うだけで、自宅で簡単にセルライトを除去することができるのです。

1.足首タオルストレッチ

まず、長座してかかとをクッション(または枕)の上にのせ、バスタオルの両端を両手で持ち片足の足のつま先にバスタオルをかけます。

そして、6秒間ゆっくり手前にパスタオルを引っ張るという動作を左右5回ずつ行って下さい。

このストレッチはふくらはぎ周辺の筋肉を伸ばし、筋肉の収縮により足元からリンパ液を押し上げます。

よって、リンパ液の流れがよくなり老廃物が溜まりにくくなるのです。

クッションで足を上げているため、重力でよりリンパ液が流れやすくなりますが、このストレッチだけでは不十分です。

足元から押し上げたリンパ液を、さらに上半身に押し上げ老廃物を処理してくれる腎臓に届けなければなりません。

そのために、足中のリンパ管が合流する股関節の筋肉を収縮させてリンパ液を押し上げる以下のストレッチが効果的です。

2.あぐら股関節ストレッチ

まずは股関節の後ろの筋肉を伸ばすため、クッションの上であぐらをかき、ゆっくり身体を前に倒してその状態を10秒キープします。

そして、次に身体を後ろに倒しその上体を10秒キープします。

このストレッチでは、クッションの高低差を利用して股関節周りの筋肉を伸ばします。このストレッチは、ゆっくりと3往復行って下さい。

また、この2つのストレッチは毎日朝起きてすぐと寝る前1時間以内の2回行うと効果的です。ストレッチの時に息を止めないようにして下さい。

レベル1と2の方にはこれらのストレッチで十分効果的ですが、レベル3の方はストレッチ以外にでセルライト除去マッサージも行いましょう。

以下は、セルライト除去マッサージの方法です。

太ももの場合、太ももの左右をつまんで離すという動作を足の付け根に向かって行います。

そして、足の付け根まで行ったらつまんでつぶした脂肪を足の付け根に向かって押し上げ、同じ動作を太ももの上下でも行います。

これを左右2分ずつ行って下さい。

お尻の場合は、お知りと太ももの境目をやさしくつまんでゆっくりひっぱりながら離すというマッサージを5回繰り返します。

そして、最後にお尻を大きく持ち上げます。この一連の動作を3分間行うと、お尻のセルライトをつぶすことができます。

これらのストレッチとマッサージは自宅で簡単にできるので、セルライトで悩んでいる方は試してみて下さい。

健康生活ナビホームサイトマップ免責事項