牛乳(低脂肪乳)の筋量アップと脳卒中予防効果を紹介。

牛乳(低脂肪乳)の2大効果

牛乳(低脂肪乳)の2大効果

ダイエットをしながら牛乳(低脂肪乳)を毎日200ml摂ると、体脂肪が減り、筋肉が増えて、体重が減り、引き締まった体型になります。

食事を抜いたり特定のものばかり食べるダイエットではなく、1日3食しっかり摂りながら牛乳を飲むとこのような効果が得られるのです。

あとは、ダイエットの基本である間食や夜食はしない、食事の時にごはんなどのデンプン類と脂料理を少し減らす、適度な運動をするということを心がけて下さい。

通常のダイエットで体重をを落とすと脂肪と筋量共に減ってしまうのに対し、低脂肪乳を食事前に飲むと脂肪が減り筋量はアップするという結果が得られています。

ダイエットにプラスして牛乳を飲むと脂肪を減らし、筋量を増やすことができるのでウェストなども引き締まります。

普通の牛乳から脂肪分を抜いた低脂肪乳の方がカロリーが低く、成分は牛乳も低脂肪乳も変わりません。普通の牛乳ではなく、低脂肪乳を飲みましょう。

そして、牛乳で体脂肪を減らして筋肉を作り、肥満を予防するお勧めの飲み方は抹茶と混ぜることです。

これは、牛乳に含まれるカルシウムには脂肪の代謝を促進する働きがあり、さらに抹茶に含まれるカテキンが脂肪の代謝を倍増させてくれるためです。

牛乳と抹茶を組み合わせた抹茶ミルクがお勧めです。小さじ1杯の抹茶を少量のお湯で溶かし、温めた牛乳200mlに混ぜればできあがります。

夕食の前に、ホットで飲むことがポイントです。温かい方が消化酵素がよく働き、小腸に吸収されやすくなります。

また、牛乳にダイエット効果があるのではなく、ダイエットを行っている時にプラスの効果をもたらしてくれるということを忘れないで下さい。

牛乳には、もう1つ脳卒中を予防効果があります。

ホノルルで55〜68歳の日系男性3150人を22年間調査したところ、牛乳を1日に450ml以上飲んでいる人ほど脳卒中の発病率が低かったということです。

牛乳のカルシウムは血液中のナトリウム(塩分)を排泄し、牛乳のたんぱく質は血管壁を強化してくれるため、脳卒中や脳梗塞が予防できると考えられています。

そして、カルシウムの吸収にはビタミンDが必要なため、牛乳にビタミンDを加えると脳卒中を予防する効果をさらに高まります。

ビタミンDは、小腸から血液中に効率よくカルシウムを運びます。日本人は、カルシウムと同様にビタミンDも不足しているので意識して摂取するようにしましょう。

ビタミンDを多く含む食材の中には卵、サケ、サンマ、マグロ赤身、干しシイタケなどがありますが、この中でもサケがお勧めです。

サケ1切れには約25.6μgのビタミンDが含まれており、これは卵の1個(約1.5μg)の10倍以上です。

サンマ1尾にも約11.4μgのビタミンDが含まれており、魚の中にビタミンDが多く含まれているものが多いようです。

脳卒中を予防するのにお勧めのレシピは、サケのミルクスープです。用意する材料と作り方は、以下の通りです。

<材料(4人分)>

生サケ4切れ、牛乳4カップ、ジャガイモ2個、白菜4枚、ニンジン1本、固定ブイヨン1個、玉ねぎ1個、塩とコショウ少々。

<作り方>

1.鍋で野菜を炒めてから白菜を加え、牛乳とブイヨンを加える。

2.野菜が柔らかくなったら塩、コショウをふったサケを入れ、味を調える。

サケにはDHAも含まれているので、サケのDHAとビタミンD、牛乳のカルシウムが脳血管を強化してくれます。塩分も少なくヘルシーな料理です。

健康生活ナビホームサイトマップ免責事項