脳卒中の原因になる一過性脳虚血発作
を予防する、フコダインを含む昆布水
の作り方を紹介しています。

昆布

脳卒中の原因

一過性脳虚血発作とは、
食べ物を箸から落としてしまう、
目の前がかすんでしまう、物が二重に見える、
どちらかの手足がしびれる、言葉が思い出せない、
という症状が出ることで脳卒中の原因になります。

カルフォルニア大学の調査では、
一過性脳虚血発作を訴えた人の
約50%が2日以内に、4~20%が90日以内に
脳卒中を発症したということです。

一過性脳虚血発作

一過性脳虚血発作の主な原因は血栓ですが、
血栓は脂肪、不純物、血小板、フィプリンなどが
血管壁にくっつくことにより常に作られています。

そして、血液の流れによりこの血栓がはがれ、
血管の細いところに詰まると血液が流れなくなり、
一過性脳虚血発作を引き起こします。

 

そこで、一過性脳虚血発作を予防するには、
細い血管のつまりを防ぐために血栓を溶かすことと
血栓を血管壁にくっつけないことが効果的で、
そのために朝、昆布水を飲むと効果的です。

フコダインの効果

昆布に含まれるフコイダンという成分が
血小板が血管壁に接着するのを防いでくれ、
血栓の形成を予防するからです。

 

フコイダンは水溶性なので
水に溶かすとより吸収されやすくなるため、
コップ1杯の昆布水にレモンやみかんなどの
柑橘類を入れると効果的です。

これは、柑橘類に含まれるクエン酸が、
血栓を細かくしてくれるからです。

ゆず昆布水の作り方

ゆず昆布水の作り方は、以下の通りです。

<材料>
コンブ(3cm角) 1枚、水 180cc、ゆずの絞り汁 適量

<作り方>
1.洗った昆布水を水に入れ密閉し、冷蔵庫で1晩おく。
2.昆布を取り出して、ゆずの絞り汁を入れて飲む。

※甲状腺の病気のある人は飲まないようにして下さい。
※その日に飲み終えて、作り置きはしないで下さい。

昆布水の糖尿病予防効果

もう一つ、昆布には糖尿病を予防する効果があり、
これは昆布に含まれるインスリン似た成分バナジウムに
血糖値の上昇を抑える作用があるためです。

 

昆布には他の食品より多くバナジウムが含まれており、
粉末にして食べると糖尿病予防により効果的です。

昆布40g(6人分)をミキサーにかけて細かくし、
炊く時にご飯に混ぜる炊き込みご飯がお勧めレシピです。