睡眠の質を向上させるために騒音には耳栓・
明りにはアイマスクをお勧めします。

耳栓

小さな音でも耳栓で対策

騒音があると眠れないだけでなく、
眠れたとしても質の高い睡眠を取れてない
可能性が高いです。

一昔前に睡眠学習といって
寝ている間に学習用のCDを流しっぱなし
にして学ぶ方法がはやりましたが、
音が聞こえてくるような中で寝ることは
睡眠の質を低下されることが分かり、
とたんに宣伝などが消えてしまいました。

 

小さな音を聞いているだけでも
睡眠の質が低下する可能性があるので、
騒音となるとさらに危険です。

よって、騒音を聞くような環境で寝ている方は
耳栓をして騒音をやわらげることをお勧めします。

 

耳栓は100円ショップで売られているので、
騒音が気になる方はすぐにでも対策しましょう。

小さい音でも睡眠の質を低下させている
可能性があるので、音がする環境で寝ていて
熟睡できていないと感じる方は一度耳栓をして
寝てみて下さい。

明るい部屋で熟睡できない

暗い部屋だと眠れないという方がいますが、
明かりも睡眠の質を低下させます。

ましてやテレビをつけっぱなしで寝ると
明るい上に音もずっと流れているので、
質の高い睡眠の邪魔になります。

 

よって、部屋の電気やテレビを消し、
暗くした部屋で寝るようにしましょう。

1日だけなら我慢して明かりの中で
寝てしまってもしかたがないですが、
常時明るい部屋で寝なければならない
という場合はアイマスクを着用しましょう。

 

また、寝室の壁やカーテンなどを
赤やオレンジなどの暖色にしてしまうと
寝つきが悪くなる可能性が高いので、
青や緑などの寒色にすることをお勧めします。

寝た時に頭の周りに尖った物があると、
無意識が反応して熟睡できなくなるので
頭の周りに尖った物を置かないようにしましょう。